スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
移転先は「湖国でIT情報を活用したい」です
 前回少しご案内していましたが、本ブログを移転することにしました。

 移転先は湖国でIT情報を活用したい(滋賀咲く本館)です。引き続きよろしくお願いします。
スポンサーサイト
【2008/04/14 20:29】 | ブログの事 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
移転先模索中
 思うところありまして当ブログの移転を考えています。移転先候補は
湖東でIT情報を活用したい(滋賀咲く別館)

湖東でIT情報を活用したい(ぶんぶん別館)
を思っています。

 正式に決まればまたお知らせいたしますので引き続きよろしくお願いします。
【2008/01/29 21:30】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ブログ更新頻度が重要ではない10の理由
 僕が参考にさせていただくことの多い「Geekなぺーじ」に、まさしく自分がブログ更新をサボれる格好の記事がアップしてありましたのでまっさきにチェックさせていただきます^^

ブログ更新頻度が重要ではない10の理由

 「Why Blog Post Frequency Does Not Matter Anymore」という記事がありました。更新頻度が重要だと叫ばれる昨今ではあまり聞かない意見で興味深かったです。
 書いてある事を要約すると以下のような感じでした。かなり短くしてあるのと、私の勘違いなどが混じっている可能性があるので詳細は原文をご覧下さい。

1. トラフィックはコミュニティへの参加から得られる。更新頻度からではない。

ブログ界は6ヶ月毎に倍に増えていて新規参入者にとっては成功する事は日々困難になっています。結局更新頻度よりも誰か成功しているブロガーがリンクを張ってくれるかどうかが全てです。
・・・

【2007/11/29 10:55】 | IT全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Google Calendarで業務データベースをつくる
 小山龍介さんのコラム「快適! ライフハック生活」からの引用です

Google Calendarで業務データベースを作る

Googleのもつ高度な検索機能を120%活用することで、いろいろなハックが生まれてくる。そのなかでも今日ご紹介したいのが、Google Calendarを業務データベースとして活用する方法です。

Google Calendarで予定を作成するとき、タイトル、日付け、場所という項目に加えて、説明という欄があります。そこは長い文章を記入することができる。そこに目をつけたのが今回のハックです。

具体的には、予定に関連する情報をとにかくその説明欄にコピーアンドペーストする。そうして、予定にひも付いた情報を一元管理してしまうのです。打合せであれば、参加者、アジェンダ、議事録などをここに記入してしまう。そうすることで、Google Calendarに情報が蓄積していき、一種のデータベースのような働きをしてくれます。



今日もありがとうございます。ポチ、ポチっと押していただくと励みになります^^;
にほんブログ村 IT技術ブログへ &  & 
【2007/08/29 20:08】 | Googleフェチ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
アナログ停波より先にIPv4アドレス供給停止が来るかも知れない
 「Geekなページ」から。

「大丈夫、なくならない、IPv6は使われない」と一部?では言われ続けているIPv4ですが、もしかするとアナログ停波よりも先にIPv4が打ち止めになるかもしれません。

「IPv4 Address Report」によると、IPv4アドレスの枯渇は2010年だそうです。これは、日本でのテレビのアナログ停波の2011年よりも前です。
#if 0
/* 枯渇時期がズレて日本のアナログ停波と重なったらどうなるんだろう。。。という妄想はコメントアウト */
#endif

ここ数年はテレビで「ブログ」という単語を聞いたりするなど、技術者ではない人が技術用語に接する機会が増えているように思えます(「ブログ」という単語が技術用語であるかどうかは疑問ではありますが)。もし、本当にIPv4アドレスが減ってきて、いよいよ本当になくなりそうだという話になってくると普通のニュース番組で「IPv4アドレスとは」といった解説が聞こえてくる日が来るかもしれないですね。予測が正しいとして、来るとしたら2年後ぐらいでしょうか?

JPNICの「IPv4アドレス枯渇に向けた提言」の「4.3章 枯渇前において予想される現象」の4.3.1によると、

4.3.1. 駆け込み需要

枯渇点の時期がある程度迫り、枯渇点がいつになるかがより正確に理解されるようになると、IPv4 アドレスを事業インフラの主要な技術として利用している企業などは、事業の将来への継続に対する不安から他社よりも先にIPv4 アドレスを多く確保したいと考えるだろう。このことは、従来どおりの通常の IPv4 アドレス需要に加えて、より多くのIPv4 アドレスの割り振りを受けようという形でIPv4 アドレスの割り振り申請の件数や申請サイズに現れてくる。このことは、IPv4 アドレスの消費を加速させ、枯渇点の到来を前倒しする要因となる。

だそうです。我先にとIPアドレス争奪戦が発生する可能性があるということだそうです。この争奪戦で混乱が生じないでIPv6へ移行できれば良いのだろうなぁと思います。

石油のように、枯渇する枯渇すると言われているIPv4ですが、本当に枯渇するのでしょうか。 2010年は3年後です。 4年後の世界はどう変わっているのか、もしくは変わっていないのか。 4年後にこのブログ記事を見て「あの時はあんな事を書いてたなぁ」と思う日が来るのかなぁと妄想にふける今日この頃でした。



今日もありがとうございます。ポチ、ポチっと押していただくと励みになります^^;
にほんブログ村 IT技術ブログへ &  & 
【2007/07/25 18:39】 | 注目テクノロジー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。